海外在住の子供へプレゼント、実際に喜んだ&困ったものランキング

こんにちは。

海外在住の人が喜ぶシリーズ第2段をお送りします。

今回は、海外に住んでいる子供へのプレゼント!

実際に私も本当にありがたいことに、日本の両親や友人から子供へプレゼントを貰った事があります。本当に嬉しいんですけど、でもじつは中には子供があんまり喜ばなかったものも…あります。

でも送ってくれた本人には言い辛いし、言うべきでもない。という事で、ここにこっそり書いてみます。

以前の記事はこちらです

海外に住んでいると懐かしくなる日本のもの。食べ物もグッズも欲しいものがたくさんあるんですが、いざ何が欲しい?って聞かれるとなかなか即答できま...

ここでは、子供3歳~10歳程度の男女を対象にしてみました。独断と偏見もありますので、ご参考までに。

ごめんなさい、子供があんまり嬉しくなかったもの編

まずは、あんまり喜ばなかったものです。

毎回、本当に心苦しいんですけど、子供が喜ばなかったもののランキングです。親は嬉しいものばっかりです。親を喜ばせようと思うと、子供が喜ばないというジレンマです。あくまで子供目線です。

5位

お箸つかみゲーム

貰った瞬間は喜びました。けれど、その後できないから泣く⇒泣くからイライラ⇒小さな部品が無くなる、乳児⇒食べようとする。結果、しばらくお蔵入りになっているおもちゃです。

人気キャラクターのものもあって可愛いし、お箸の練習にぴったりと思ったんですけどね。うまくいかないもんです。

子供がもうちょっと大きくなれば楽しめるのかな。それまでに部品が全て揃っていますように。プレゼントするお子さんが小学生以上だったらもっと喜んでくれそうです!

4位

絵本

テンション低い!もっと喜ぼうよ!となるのが日本の絵本。でも親には大人気です。私は嬉しい、ものすごく嬉しいお土産ですけど子供は反応が薄い‥。

私が小さいころはどうだったかなと考えたらやっぱり、プレゼントはおもちゃが良かったかな、でも日本の絵本なんて珍しいんだよ!?ここでは買えないし、図書館でもあんまり無いよ?と希少性を説明してやっと喜んでくれました。

同じ絵本でも、こんな人気の絵本だと嬉しさも倍増するかも!?

ちなみに海外在住の日本人親同士で絵本の貸し借りをすることがあります。こんな人気作を持っていたら人気者になれそうです。

3位

日本地図パズル

いやー、これは勉強色が強い。パズル好きな子にはおすすめですが。うちの娘はなぜかパズルが苦手なようで、あまり喜びませんでした。完成しても可愛い絵が浮かぶわけでもなく、モチベーションがわかないそうです。本人いわく。

勉強になりそうなのに‥。もっと遊んで欲しい。

2位

日本語のDVD

親としてはめちゃくちゃ嬉しいです。でも子供の喜びが長続きしない。日本語のアニメのDVDをプレゼントしてもらっても、喜び方が噓くさい。案の定その後見向きもせず私が勝手にDVD再生してやっと見るという程度です。

日本語も分かるんですけどね、やっぱり好きな時に好きな番組を選んでみる動画配信サービスに慣れているせいか、DVD入れて再生して好きなエピソードまで早送りしたりするスタイルはあまり好きじゃない模様です。

日本語でディズニーの歌覚えても、学校でみんなと歌えないですしね。でも親としては少しでも日本語を聞いてほしい。

親としては嬉しいプレゼントのひとつです。

*ただし、送る際は相手が日本のDVDを再生できる環境か確認してください。海外ではDVD再生機器に地域の設定がされていて、日本で普通に販売されているDVDは海外では再生できないようになっています。

私は日本の安いDVDプレーヤーを持ってきました。

1位

子供服

こればっかりは、趣味がありますよね。批判覚悟で言いますけど、カラフルな子供服は個人的には可愛いとは思えない。質が良いのは本当にわかるんですけど、プレゼントで貰うような服は高級品なので相手にも気を遣うし、かといって子供も好きじゃない服は着ないし。

日本ではよく見るカラフルな服は、海外だとあまり人気がありません。好みの問題なので写真のミキハウスを否定しているんじゃないんですけど、個人の意見です。

子供もオシャレに目覚めた女の子やオシャレな男の子だと服のプレゼントも喜んでくれますが、小さなうちは驚くほど反応が薄いプレゼントです。

本当にありがとう、子供がとっても喜んだもの編

5位

お菓子&食料品セット

これは間違いない。子供にとっても日本のお菓子は大人気で、こっちで売ってないお菓子や好きな食料品などはとっても喜んでいます。日本のお菓子は、パッケージなども凝ったものが多く、箱が自動販売機のように組み立てられるチロルチョコなんて盛り上がりそうです。欲しい~!

ほかにも抹茶味のお菓子や、こんにゃくゼリー、和菓子などこっちで買えないお菓子なんかは子供も大喜びで、かつ親も大喜び。取り合いになるほど大人気です。

子供達が好きなキャラクターグッズ+お菓子セットなんて完璧すぎです。

4位

トミカ

めちゃくちゃ喜びますよ。日本のトミカのように繊細で細部まで作り込まれているミニカーは海外にあるでしょうか、いや無い。

カナダで手に入るミニカーは架空の車や、雑なものが多いのでこのトミカは息子めちゃくちゃ楽しんでました。

しかも、今私達が乗っている車と同じ車を貰ってすごい嬉しかったみたいです。親に乗ってる車を確認して、同じものをあげたらさらに喜ばれるかもしれませんよ。

3位

色鉛筆セット

じつはあんまり喜んでないように見えて、長く使っているのが日本の色鉛筆セットなんです。3位にいれようか迷いました。というのも、貰った瞬間はあまり嬉しくなさそうだったから。

ペンや色鉛筆なんて子供はあまり興味を示さないかなと思ったんですけど、今までもらった多くのプレゼントの中でずば抜けて毎日使っています。

もちろん、外国にも色鉛筆セットなんてどこでも売っています。でもすぐ無くなるし、よく折れる。そんな中で日本からわざわざプレゼントしてもらった72色入り色鉛筆セットは質が段違いです。

ケースに入っているので、無くさないしケースごと机に持って来ればすぐにお絵かきが楽しめる。色々な種類の色には英語でも色の名前が書いてあるので、ターコイズなんて色も覚えました。

色鉛筆って消耗品っていう感覚で、適当に買ってしまいますがこの三菱鉛筆のセットは本当に重宝しています。自分では多分買わない金額ですが、プレゼントにするのなら絶対おすすめです。入学祝いにもいいかもしれません。

娘も息子ももらった時は特にお絵かきも好きじゃなかったんですけど、今では毎日一枚は何か描いています。

2位

食育玩具

子供って好きですよね。食育系玩具。はっきり言って味はおいしくないし、わざわざ作るの大変だし(失礼です、すみません)って理由で私はあまり買いませんが、じつは日本食を扱うスーパーなんかに行ったら結構おいてあるんですよ。

でも、海外では種類は少ないうえに、お値段は日本の3倍くらいします。日本でもお菓子にしては結構高いですよね?それの3倍ってことで、ひと箱$7~10くらいするんですよ。一人っ子なら無理して買うかもしれませんが、兄弟がいたら無理。あれ2箱で2,000円は出せない…って思って毎回買いませんでした。

という話を聞いていた家族がわざわざ娘達のために何箱も送ってくれました。子供達、歓喜ですよ。段ボールを開けた瞬間、悲鳴に近い叫びが家の中を包みました。

1位

日本のキャラクターグッズ!

強いですよね。これは強い。だって、ポケモンのマイナーなキャラのぬいぐるみとか、海外ではまず探せない。あってもピカチュウやキティちゃん級の1軍キャラしか売ってませんよ。

ポケモンに出てくる伝説のキャラみたいなぬいぐるみを貰った娘は大興奮で、貰って2年たった今でもぬいぐるみごっこにレギュラー出演しています。

父はわざわざポケモンセンターまで出向いて探してくれたそうです。ありがとう!

まとめ

子供目線で、海外在住の子供が貰ったら喜ぶプレゼントを紹介しました。少しでもプレゼントを贈るかたの参考になりますように。

Follow me!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする