プールにキャンプ場もある穴場スポット!関西サイクルスポーツセンターの魅力まとめ

大阪の南部の町河内長野市にある「関西サイクルスポーツセンター」。1974年にオープンした自転車をテーマにしたテーマパークです。交通の便が少し悪いのですが、体を思いっきり動かせるテーマパークとして地元の人をはじめ近隣の方に親しまれている場所なんです。

地元民の遠足の場所としてもお馴染みで、小さな子供連れにもすごくおすすめ。今回はそんな関西サイクルスポーツセンターの魅力について紹介したいと思います。

関西サイクルスポーツセンターの魅力とは

  1. 体を動かしながら遊べる
  2. 夏はプールあり
  3. 1万平方メートルの敷地に変わり種自転車が約800台!
  4. クッション塗装の自転車練習広場で自転車に乗る練習ができる
  5. トラック自転車競技用のスタジアムがあり、競輪選手の練習が見られることも
  6. 宿泊できるキャンプ場併設
  7. 食材の持ち込み可能の日帰りキャンプ場あり
  8. お弁当持ち込みOK*プールエリアは除く
  9. キャラクターショーなどのイベントあり
  10. リードを付けてのペット同伴可能
  11. ほぼ毎月開催!初心者自転車教室あり(5歳以上対象)
  12. 上空30mまで上昇するアトラクションからの眺めが最高!大阪湾から神戸まで一望できます。
  13. 適度に空いている
  14. 緑がいっぱい
  15. パーク全体が坂道に建てられているので、アトラクションの移動も運動

と、たくさん挙げましたが個人的に一番好きなポイントは、なんといっても一番の魅力は体を動かしながら遊べること。ほかの遊園地だと、たくさん歩くので疲れますが「関西サイクルスポーツセンター」だと、遊び疲れる感が気持ち良いんです。

「レッツ!!コギコギ!!エクササイズ!!」がキャッチコピーということからも分かるように、テーマパークのアトラクションはほとんどペダルがついています。なんと、ミニ電車やメリーゴーランドもペダル付き。変わり種自転車に乗って、ペダルを漕いでたっぷり疲れますよ。子供は帰り道ぐっすりです。

が、じつはアトラクションのペダルは漕がなくても動くものも多数。漕がないと動かなかったら両親は体が持ちません。子供は目の前にペダルがあったら漕がずにはいられないみたいですけどね。笑

おすすめアトラクションについて

それほど多くは無いですが、面白いアトラクションがいくつかあります。

サイクルパラシュート

上空30mまで上昇するサイクルパラシュートは実際に漕ぐ必要があるアトラクションのひとつ。ですが、軽く漕ぐだけでも進むのでそれほど体力はいりません。電動自転車のようなイメージです。たった30mと思いますが、もともとの標高が高いので本当に遠くまで見渡せます。山の景色を抜けていきなり目の前に海や遠く神戸の景観が広がるのは気分爽快。降りるときはゆっくり降りるので、ジェットコースターが苦手な人でもこれは大丈夫のような気がします。そこまで怖くないですよ。

サイクルパラシュート

変わり種自転車

変わり種自転車

1万平方メートル敷地の中に変わり種自転車800台!運が良ければ競輪選手達の練習風景を眺めながら変わった自転車に乗れます。一人用のものから、複数で乗れるものまでさまざま。ちょっと古いものも多くありますが、きちんと整備されています。広場には交差点などが描かれた場所もあり、子供も交通公園のよう遊べますよ。面白いものから、動かし方が分かり辛いものなど多数ありますので、気になったものはどんどん乗ってみましょう~!

サイクルリュージュ

ニュージーランド生まれのスポーツで、ハンドル付きのソリに乗って高台から滑り降りるアトラクションです。初めての時はスタッフの方から詳しい説明が聞けるので心配なし。結構なスピードが出ますが怖ければブレーキをかけられるのでそんなに早くなることはありません。降りてきてもう一回!となっても、スタート地点へ行く坂道を上がる時はエスカレーターが所々に設置されています。

サイクルコースター「MOZZU-2」

行ったときは運休中だったんです。体験談はありませんが、コースターにペダルが付いていてペダルを漕いで加速する乗り物だそうです。みんなのやる気によってスリルが変わる!一周ループとかはないので、家族で乗れるジェットコースターです。

フィットパーク

小さな子供も楽しめる大型の複合健康遊具です。公園にあるような大型の遊具で子供達はここで時間を過ごしたがるかも。ほかにも楽しい場所があるので帰り道に寄るのがおすすめ。

サイクルゴーランド

ペダル付きのメリーゴーランド。サイクルリュージュの出口近くにあります。結構古いですがなんだか懐かしさを感じるようなつくりです。ここまで来た時には体力の限界だったのであまり覚えていません。笑

ほかにも小さな子供が乗れるアトラクションも充実しています。くるコプターや、スカイサイクルウォーカー、ポッポサイクルに水陸両用サイクルなどフリーパスの利用もOKです。




アトラクションの身長制限について

各アトラクションの身長制限についてまとめました。

アトラクション名前 身長制限 フリーパス無しの場合の料金

変わり種自転車

  • 身長100cm未満は保護者同伴
45分600円
サイクリングコース
  • 3歳以上、身長110cm以上
  • 身長120cm未満は保護者同伴
  • *自転車に乗り慣れている方
600円/60分(自転車レンタル含む)
持込自転車の場合は350円/60分

サイクルリュージュ

  • 3歳以上、身長120cm以上
  • ・3才以上身長120cm未満は保護者同伴
  • 2人乗りは保護者同伴の時のみ
    身長120cm以上の方2人での2人乗りはできません
600円
2人乗り700円(2名様料金)

サイクルコースター「MOZZU-2」

  • ・3歳以上、身長110cm以上
  • 身長120cm未満の方は保護者同伴
500円
サイクルパラシュート
  • 3歳以上、身長100cm以上
  • 身長110cm未満の方は保護者同伴
500円

スカイサイクルウォーカー

  • 3歳以上
  • 身長120cm未満の方は保護者同伴
300円

水陸両用サイクル

  • 3歳以上
  • 身長120cm未満の方は保護者同伴
300円

ポッポサイクル

  • 身長100cm未満の方は保護者同伴
300円

くるコプター

  • 身長100cm未満の方は保護者同伴
300円

サイクルゴーランド

  • 身長100cm未満の方は保護者同伴
300円

リッキー・リンリンの

「森の立体迷路」

  • 3歳以上、身長110cm以上。
  • 身長110cm未満の方は保護者同伴
500円*フリーパス一回のみ

2回目以降400円

フィットパーク

  • 無し
無料

ハローキッズ

サイクルランド

  •  無し
 無料

自転車練習広場

  •  無し
 無料

夏の屋外プール!

夏はやっぱりプール!だいたい子供達の夏休み期間に合わせてオープンします。50mプールや子供用の遊具つきプール、滑り台などもあり大人から子供まで大満足間違い無し!入園券のみの方は別途料金が発生しますが、フリーパスでの利用もOK!緑いっぱいの空間で1日中遊べますよ。ただし、夏場のプールは大人気なので1年のうちでもプール開園期間中が一番混雑しています。プール狙いの方は午前中に来るのがおすすめ。プールの敷地内は食べ物の持ち込み禁止となっています。

食事

レストラン・シルバー

レストランは園内に数ヶ所、エアコンの効いた環境でゆっくり食べたいのなら「レストラン・シルバー」へ。かつ丼やお子様ランチなどが頂けます。料金の目安は1,000円前後。普通の飲食店と比べると少しだけ割高ですが、テーマパークの中で食べると考えればお得感もあります。サイクルリュージュの乗り口付近。正面玄関の近くにあります。

バーベキューテラス

屋外型のバーベキューテラスは手ぶらで来ても気軽にバーベキューが楽しめるお店。食材は単品で購入するもよし、セットで購入するもよしお腹の空き具合に合わせてどうぞ。屋内型ですが屋根もありますので雨天時でも楽しめます。真夏はちょっと暑いかも‥。

グリーンハウス

変わり種自転車の受付前にあるテイクアウト専門店。ラーメンやホットドッグなどの軽食を販売しています。椅子や自動販売機も多数あるのでさっと食事を済ませたいかたにおすすめ。

コロコロハウス

夏はプール専用の「コロコロハウス」軽食を販売しています。プールオープン期間以外は土日祝日の営業です。こちらでも軽食が頂けますよ。

利用料金

料金の一覧です。

入園料 フリーパス
おとな (中学生上) 800円 2,000円
こどもA

(3才~小学生で身長110cm以上)

500円 2,000円
こどもB

(3才~小学生で身長110cm未満)

500円 1,200円
シルバー(60才以上) 400円 1,600円

3才未満無料

プ―ル利用料(フリーパス購入の方は無料

プールのみの方は入園料とプール入場料金がかかります。

おとな(中学生以上) 800円
こども(小学生以上) 500円
こども(3才以上小学生未満) 300円
3才未満 無料

駐車場

1日の駐車場料金(前払いで現金払いとなります)

普通車・軽自動車 1,000円
大型バス・マイクロバス・大型乗用車 2,000円
バイク 500円

お得に利用するには

コンビニの端末で、JTB前売り券から割引チケットを購入することが可能です。事前に予定を立ててお得に利用してくださいね。

JTBチケット(公式サイトへ)

月額利用料540円を払う必要がありますが、デイリーplusの会員になることでも割引が受けられます。

入場料プラスフリーパスで2,800円が2,100円になるので2人以上で行くと、月額料金以上にお得となります。

デイリーplus(公式サイトへ)

アクセス

最寄り駅は南海高野線・近鉄長野線の「河内長野駅」です。難波駅や天王寺(大阪阿部野橋駅)から一本で約30分ほどで到着です。

河内長野駅からはバスで約20分、タクシーでは15分ほど。バスは1時間に1本ほどの割合なのでご注意くださいね。

南海バス7番乗り場「滝畑ダム行」に乗り、「サイクルセンター」にて下車。もしくは、土日祝日のみ運行の南海バス4番乗り場「サイクルセンター行」に乗車し、終点で下車。

くまたろう
運賃は大人片道370円 

ねこちゃん
1日乗り放題パス大人600円の方がお得ね。河内長野駅内のアンスリー(コンビニ)で買えるわよ

営業時間

1年を通して前後しますが、基本的には10:00~17:00夏場は18:00に閉園します。

くまたろう
早!

ねこちゃん
パレードとかライトアップとかしないしね。ていうか関西サイクルスポーツセンターで1日たっぷり遊んだら17時にはもう体力の限界よ

まとめ

個人的にとってもおすすめの子供と遊べるスポット「関西サイクルスポーツセンター」の魅力についてお伝えしました。大自然に囲まれて、体いっぱい動かして疲れるってとっても気持ち良いんですよ。大阪市内からはちょっと遠いですけど、緑に囲まれながら充実した1日を過ごしてくださいね。

Follow me!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする